2008年06月09日

中性脂肪:肉のレシピ

"中性脂肪"を減らしたい場合、生活の改善が必要となってきそうですが、生活の改善とは具体的には食生活の見直しと、適度な運動習慣を身に付ける事にあると言われています。 

そこで今回は、食生活の見直しに関して、中性脂肪値の減少にはぴったりのレシピを紹介したいとおもいます。 

キムチの唐辛子には、カプサイシンと呼ばれる辛味成分が含まれており、これは血行を促進し、エネルギー消費、エネルギー代謝、"中性脂肪"減少に働くと言われています。 
豚肉にはビタミンも含まれ、エネルギー代謝に重要な成分となってきます。 
豚肉を選ぶ際は、脂身の少ないもも肉、ヒレ肉などを選ぶと"中性脂肪"減少にはより良い食材になるとおもいます。 

キムチと豚肉の組み合わせの料理と言えば「豚肉のキムチ炒め」です。 
比較的簡単なレシピですので、"中性脂肪"対策に是非挑戦してみたいものでもあるとおもいます。 

4人分の材料は、豚もも薄切り肉300g、キムチ200g、万能ねぎ1/3束、下味(しょうゆ小匙、酒大匙1、片栗粉小匙1)となっています。 

まず豚肉を一口大に切り、ボールで下味を加えてよくもみ合わせます。 
キムチの汁気を軽く絞り、万能ねぎは3cmくらいに切り分けます。 
中華なべやフライパンで、油を使わず豚肉をほぐしながら炒めます。 
くっついてしまう場合はほんの少量の油を使用すると良いようです。 
又エコナなどの健康に配慮した油の使用も良いようです。 
肉の色が変化したら、汁気を絞っておいたキムチを加えます。 
そして汁気が少なくなり焦げ付きそうになった頃、酒を少々(分量外)加えてキムチが熱せられるまで炒めます。 
最後に万能ねぎを散らして軽く混ぜ合わせて出来上がりです。 

油を最小限に抑える為にはフッ素樹脂加工のテフロン製フライパンを使用すると良いです。 
又、キムチは「和風味」の物がお勧めだそうです。 
カロリーは上がってしまうかもしれませんが、風味付けにほんの少量のゴマ油を最後に豚肉とキムチに回しかけると、一味違った豚キムチ炒めにもなるとおもいます。 

ダイエット中、"中性脂肪"を下げたい場合も、食生活には肉でも部位などを選んで利用すれば良い味方の食材となるのではとおもいます。 
中性脂肪研究所では、中性脂肪の下げる方法、減らすための料理レシピの紹介、効果のある治療方法や薬、方法等について解説しています。 管理人の体験談や書籍、専門サイトで得た知識や専門家の方からのアドバイスなどを元に解説しております。 分からないこと等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。お問い合わせ先は、「zqq11qq◆yahoo.co.jp」◆を@に変換してからお問い合わせ下さい。当サイトがあなたのお役に立てれば幸いです。 【管理人より】
posted by 中性脂肪 at 06:22| 日記

2008年06月06日

中性脂肪:魚のレシピ

中性脂肪値の気になる方、高すぎる場合、低すぎる場合様々だとおもいますが、その改善にはやはり食生活と運動が重要となってきそうです。 
今回は食生活に関して、"中性脂肪"対策、特に中性脂肪値を下げたい場合におすすめのレシピを紹介したいとおもいます。 

"中性脂肪"対策にぴったりの食材と言えば魚類で、積極的に摂りたいものとされていますが、中でもさば、トロ、はまちなどの魚は過剰な"中性脂肪"やコレステロールを下げるとも言われているEPAやDHAを多く含むそうです。 

そこで定番ですが「さばの味噌煮」を見て行きたいとおもいます。 

4人分の材料は、さば1尾か切り身2切れ、ねぎ1本、しょうが1欠、煮汁(水1と1/3カップ、赤味噌大匙4、砂糖大匙2、みりん・酒各大匙1)を用意します。 

まずボールに煮汁の材料を混ぜ合わせ、かたまりにならないようにします。 
そしてさば1尾の場合は、頭やワタを除いて洗い2枚におろして4〜8切れに削ぎ切りにします。 
ねぎを5cmくらいのぶつ切りにし、しょうがを皮付きのまま薄切りにします。 
次に鍋に最初に混ぜておいた煮汁の3/4量と薄切りにしておいたしょうがを入れ強火にかけます。 
煮立ったら切っておいたさばを並べて弱火で7〜8分煮ます。 
さばに火がほぼ通った頃、鍋の端に寄せて、切っておいたねぎの白い部分と、残りの煮汁を入れます。 
そして煮汁をすくいかけながら5分程煮て、切っておいたねぎの青い部分も入れてひと煮立ちすれば出来上がりです。 

煮崩れしないコツとしては、大き目の浅い鍋にさばが重ならない様に並べる事が大切で、砂糖は最近良く見かけるノンカロリーの甘味料などを使うのも良いそうです。 

"中性脂肪"を気にしている方はもちろん、それ以外の人にも健康的で良いレシピだと思うので、是非挑戦してみたいレシピでもあるとおもいます。 

中性脂肪研究所では、中性脂肪の下げる方法、減らすための料理レシピの紹介、効果のある治療方法や薬、方法等について解説しています。 管理人の体験談や書籍、専門サイトで得た知識や専門家の方からのアドバイスなどを元に解説しております。 分からないこと等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。お問い合わせ先は、「zqq11qq◆yahoo.co.jp」◆を@に変換してからお問い合わせ下さい。当サイトがあなたのお役に立てれば幸いです。 【管理人より】
posted by 中性脂肪 at 05:44| 日記

2008年06月02日

中性脂肪:野菜レシピ

"中性脂肪"とは生きていく上で欠かせない脂質でもありますが、増えすぎると様々な生活習慣病の原因にもなってしまいます。 
減らしすぎる事もよくありませんが、増やしすぎる事はもっとよくないようです。 

"中性脂肪"を減少させるためには食事の改善が重要となってきますが、今回はその点に注目してヘルシーな野菜のレシピを見て行きたいとおもいます。 

野菜の中でも現在では季節はあまり関係なく手に入るとおもいますが、特に春野菜に注目してみたいとおもいます。 

まずじゃがいもはビタミンCを含み、血管を強くする働きがあり、アスパラは食物繊維を含むので"中性脂肪"を減らす効果があります。 
そしてたけのこにも"中性脂肪"を減らす効果が期待できます。 

それではレシピですが、材料は4人分で、じゃがいも(中)4個、玉葱1個、豚薄切り200g、アスパラ8本、サラダ油大匙2、水1.5カップ、コンソメ(粒状)大匙1と1/2、黒こしょう少々、A(砂糖大匙1、しょうゆ大匙2、酒大匙2、みりん大匙2)となっています。 

まずはじゃがいも、玉葱、豚肉を食べやすくカットします。 
アスパラはさっと茹で4等分に切ります。 
そして鍋にサラダ油を熱して、中火にし豚肉を炒めます。 
じゃが芋、玉葱を加えさらに炒め、カレー粉を入れます。 
次に鍋に水とコンソメを加え弱火で約20分煮ます。 
そしてAの調味料を加えさらに約10分煮ます。 
最後にアスパラを入れ、黒こしょうで味を整えて出来上がりです。 

竹の子は、厚揚げやこんにゃくと共にくしに刺し、田楽風にして食べる事がお勧めだそうです。 

"中性脂肪"を減らしたい場合など、食生活に野菜をたっぷりとり入れてバランスの良い食事を目指したいものだとおもいます。 

中性脂肪研究所では、中性脂肪の下げる方法、減らすための料理レシピの紹介、効果のある治療方法や薬、方法等について解説しています。 管理人の体験談や書籍、専門サイトで得た知識や専門家の方からのアドバイスなどを元に解説しております。 分からないこと等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。お問い合わせ先は、「zqq11qq◆yahoo.co.jp」◆を@に変換してからお問い合わせ下さい。当サイトがあなたのお役に立てれば幸いです。 【管理人より】
posted by 中性脂肪 at 02:24| 日記

2008年05月31日

中性脂肪:ホットドリンク

寒い季節には温かい飲み物がぴったりですが、出来れば美味しい物で体も温めたいものですが、今回は体も温まり、"中性脂肪"対策にも良いとされる飲み物を紹介したいです。 

豆乳は"中性脂肪"、動脈硬化やコレステロールの予防に効果があると言われています。 
そして生姜は体を温める事で有名な食材です。 

これらの材料を使った飲み物がホット・烏龍・ソイです。 

材料は1人分で、(無調整)豆乳100cc、烏龍茶(ティーパック)1個、熱湯100cc、生生姜、黒糖、砂糖、きな粉、すりゴマ等を好みの量、となっています。 

作り方は、まずカップに熱湯とティーパックを入れ1分半ほど待ち濃い烏龍茶を作ります。 
次にそのカップに豆乳を入れレンジで温めます。 
砂糖や生生姜を好みで入れ混ぜれば出来上がりです。 

甘目が好みの方は、砂糖の量以外にも調整豆乳を使用しても良いそうです。 
烏龍茶は癖のない香り、味がほんのりするくらいだそうです。 
他の紅茶などのお茶で試してみても美味しく出来そうです。 
又、コーヒーやココアなどでアレンジしても美味しいドリンクが出来そうです。 
朝食や、ダイエット、"中性脂肪"を減らしたい時などのおやつにもピッタリの飲み物だそうです。 

豆乳を使ったドリンクはカフェなどでもポピュラーになっていますが、自分で好みの甘さや濃さにして豆乳ドリンクを作ってみるのも、"中性脂肪"にも良い事だとおもいます。 

中性脂肪研究所では、中性脂肪の下げる方法、減らすための料理レシピの紹介、効果のある治療方法や薬、方法等について解説しています。 管理人の体験談や書籍、専門サイトで得た知識や専門家の方からのアドバイスなどを元に解説しております。 分からないこと等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。お問い合わせ先は、「zqq11qq◆yahoo.co.jp」◆を@に変換してからお問い合わせ下さい。当サイトがあなたのお役に立てれば幸いです。 【管理人より】
posted by 中性脂肪 at 05:26| 日記

2008年05月25日

1日の適正摂取カロリー

中性脂肪"を減らしたいとなると、毎日の食事に気を遣わなくてはなりません。
ですが、忙しい場合や、毎日の事なので面倒になった場合などなかなか上手く行かない場合も出てくるとおもいます。 
そこで今回は1日の適正摂取カロリー内で朝、昼、夜の献立例を見て行きたいとおもいます。 
このパターンをある程度守るだけでも食生活の改善におおいに役立ちそうです。 

1日の適正摂取カロリーを1800〜1900kcalとした場合の毎食の献立例ですが、朝食は約500kcalとして、タンパク質は卵1個くらい、野菜は2口×4種類、主食はトースト1枚、ご飯なら茶碗軽く1杯(110g)、飲み物は牛乳1杯、マーガリンやドレッシングは全部で大匙半分くらい、を目安にします。 

昼食は外食が多くなってくる事もあるとおもいますが、約800kcal前後にします。 
なるべく和定食などのバランスのとれたものが良いとおもいますが、カロリーも高目の洋食などを食べる場合も野菜物を1品プラスするなどの工夫をすると良さそうです。 

そして夕食は500〜600kcalに設定し、一汁三菜を目安にすると良いようです。 
動物性タンパク質は50g〜60g、野菜は根菜類なども積極的に摂り、120g〜150g、調理油、ドレッシングは1人大匙半分〜1杯以内、豆製品や芋類も上手に組み合わせるといったポイントを目安にすると良いようです。 

1日の適正摂取カロリーに併せて、必要なタンパク質量、炭水化物量、脂質量などを1度覚えてしまい、それを1日のうちで何回かに分けて摂る事を習慣としてしまえば"中性脂肪"対策にも役立ちそうです。 
最初は少々面倒にも思えそうですが、食生活の改善は後の生活にも色々と良い結果をもたらしそうです。 

中性脂肪研究所では、中性脂肪の下げる方法、減らすための料理レシピの紹介、効果のある治療方法や薬、方法等について解説しています。 管理人の体験談や書籍、専門サイトで得た知識や専門家の方からのアドバイスなどを元に解説しております。 分からないこと等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。お問い合わせ先は、「zqq11qq◆yahoo.co.jp」◆を@に変換してからお問い合わせ下さい。当サイトがあなたのお役に立てれば幸いです。 【管理人より】
posted by 中性脂肪 at 20:18| 日記

2008年05月21日

中性脂肪:痛風

中性脂肪"の増え過ぎはとにかく体に良くないというイメージが強いとおもいますが、ひとつ問題なのが、"中性脂肪"が増えすぎていても痛みなどの自覚症状があまり無いという事があるとおもいます。 

ですが、"中性脂肪"の増加によって起きる様々な病気を防ぐ為にも、"中性脂肪"を減らしたい場合も早めの対応が大切となってきます。 

その、"中性脂肪"と関わる様々な病気には、高脂血症、心筋梗塞、脳梗塞、脂肪肝、痛風、狭心症、動脈硬化、糖尿病などがあると言われています。 

今回はその中でも痛風について見て行きたいとおもいます。 

突然足の親指、特につけ根が激痛に襲われる、風が当たるだけでも痛い、そのような状態を痛風と言います。 
痛風の痛みはとても激しく、ピークの時には体も動かせない状態になります。 
それほどの痛みのある痛風ですが、1〜週間ほどで何事も無かったかの様に痛みが治まってきます。 
この痛風は血液中に尿酸が増えすぎる事によって起こる症状です。 

尿酸は過剰に増えると、針状の結晶となり体の様々な箇所に沈着して関節などに沈着した場合に痛風発作となります。 

痛風とは中年の肥満の男性の病気というイメージが強いものでしたが、最近では10代や20代の人にも発症する病気という事が分かり、増加傾向にもあるそうです。 

尿酸値が高めと診断されたら、早めに専門医を受診する事が大切になってくるようです。 
又痛風は「ぜいたく病」とも言われ、食生活と深い関わりのある病気ですので、専門医の受診と共に、食生活の改善も必要となってきそうです。 

中性脂肪研究所では、中性脂肪の下げる方法、減らすための料理レシピの紹介、効果のある治療方法や薬、方法等について解説しています。 管理人の体験談や書籍、専門サイトで得た知識や専門家の方からのアドバイスなどを元に解説しております。 分からないこと等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。お問い合わせ先は、「zqq11qq◆yahoo.co.jp」◆を@に変換してからお問い合わせ下さい。当サイトがあなたのお役に立てれば幸いです。 【管理人より】
posted by 中性脂肪 at 19:28| 日記

2008年05月20日

中性脂肪:黒烏龍茶

現代の日本では様々なお茶を楽しむ事ができ、ペットボトルのお茶などもかなり多くの種類が販売されています。 
そして季節限定品や新製品なども次々と出ているペットボトルのお茶ですが、機能性も兼ね備えたお茶というのも幾つか見かける事ができます。 
食物繊維入りのお茶などは手軽な価格で買えますが、それ以外の機能性のあるお茶は少々高めの価格で棚に並んでいるイメージがあります。 
そんなお茶の中でも今回注目したいのはサントリーの「黒烏龍茶」です。 
「"中性脂肪"に告ぐ」のCMでも有名な黒烏龍茶ですが、烏龍茶はもともと中国でも日本でも健康に良いお茶として親しまれてきたお茶ですが、その烏龍茶の健康への力が科学的に証明されたのがサントリーの黒烏龍茶だそうです。 
これは特定保健用食品でもあります。 

黒烏龍茶に含まれている烏龍茶重合ポリフェノールという成分は、食事と共に摂ると、食事の脂肪吸収を抑制し、食後の"中性脂肪"上昇も抑制する働きをすると言われています。 

特定保健用食品とは、科学的に健康の維持や促進に役立つ事が認められ、厚生労働省が認めた食品の事ですが、その黒烏龍茶、なぜ「黒」とつくのかというと、烏龍茶は、茶葉の半発酵の過程で烏龍茶特有の成分を作ると言われており、それは烏龍茶の色や味を作る大事な成分です。 
この中で特に脂肪の吸収抑制の効果が高い成分を烏龍茶重合ポリフェノールと言い、この色の濃い成分を多く含む黒烏龍茶は、通常の烏龍茶より黒い色が濃い事からとされています。 

後味のすっきりした、苦味、渋みが少なく、さっぱり深みもある味わいの烏龍茶ですので、どんな食事にもピッタリな飲み物だそうです。 
食事の際の摂取目安量は1食につき350mlとされています。 
小さめのペットボトル1本を飲めば良いという事になります。 

このように古くから健康に良いとされているお茶、是非きちんと食生活の改善もした上で取り入れると、"中性脂肪"減少にもより効果的なのではとおもいます。 

中性脂肪研究所では、中性脂肪の下げる方法、減らすための料理レシピの紹介、効果のある治療方法や薬、方法等について解説しています。 管理人の体験談や書籍、専門サイトで得た知識や専門家の方からのアドバイスなどを元に解説しております。 分からないこと等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。お問い合わせ先は、「zqq11qq◆yahoo.co.jp」◆を@に変換してからお問い合わせ下さい。当サイトがあなたのお役に立てれば幸いです。 【管理人より】
posted by 中性脂肪 at 13:38| 日記

2008年05月19日

中性脂肪:子ども向けレシピ

中性脂肪値を気にすると言えば、大人の場合がほとんどなのではとおもいますが、食生活の改善をする場合、食卓を共にする中には子供も含まれる場合もあるとおもいます。 
調理をする人間にとっては、"中性脂肪"対策用の料理と、子供向けの料理を別々に作るというのは中々手間のかかりそうな事だとおもいます。 
そんな事からも今回は子供でも楽しめるのではと思う"中性脂肪"対策のレシピを少し見て行きたいとおもいます。 

まずは竹の子のレシピですが、これはチーズとえびを竹の子で挟みフライにするようです。 
えびのタウリン、竹の子の食物繊維が、"中性脂肪"を減少させ元気な体を作ってくれるそうです。 
チーズの味や、フライにする事で子供にも食べやすいレシピと言えそうです。 

そしてもう一品は卵料理ですが、具材に使うグリーンアスパラ、パセリが"中性脂肪"を減らす働きをしてくれるようで。
材料は卵2個、塩少々、じゃが芋中1個、玉葱1・4個、赤ピーマン1/4個、茹でグリンピース大匙2、ハム2枚、サラダ油大匙1強、塩・こしょう適量、パセリみじん切り適量、ケチャップ適量となっています。 

作り方は、まずじゃが芋を1cmの角切りにして5分ほど水にさらし、水気を切っておきます。 
そして玉葱は粗みじん切り、赤ピーマンとハムも大きさをそろえてみじん切りにします。 
そしてフライパンにサラダ油の1/2量を熱して、中火で先ほど切っておいた材料をよく炒めます。 
そしてボウルに卵をとき、塩コショウを加え、粗熱のとれた先ほど炒めた材料と、グリンピース、パセリのみじん切りを入れ混ぜます。 
最後にフライパンに残りの1/2の油を熱して、先ほどの卵液を流し入れて軽く混ぜ、半熱の状態になったらふたをして、弱火で両面をしっかりと焼いて出来上がりです。 

卵料理と、竹の子の料理、"中性脂肪"に良い食材も加えると淡白な大人向きの料理にもなってしまいそうですが、ひと工夫で子供でも楽しめるレシピにもできるようです。 
調理の手間などを考えてもとても便利なレシピと言えるのではとおもいます。 

中性脂肪研究所では、中性脂肪の下げる方法、減らすための料理レシピの紹介、効果のある治療方法や薬、方法等について解説しています。 管理人の体験談や書籍、専門サイトで得た知識や専門家の方からのアドバイスなどを元に解説しております。 分からないこと等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。お問い合わせ先は、「zqq11qq◆yahoo.co.jp」◆を@に変換してからお問い合わせ下さい。当サイトがあなたのお役に立てれば幸いです。 【管理人より】
posted by 中性脂肪 at 00:26| 日記

中性脂肪:ダイエット

「"中性脂肪"」という言葉、ダイエットを考える人などはよく目にする言葉かもしれません。
「"中性脂肪"を燃焼しダイエット」などという文句もよくあるのですが、この言葉には少し問題があるようです。 
それは筋肉がそのまま"中性脂肪"を燃焼する事は出来ない事だからとされています。 
それは、筋肉が使用できるのは脂肪細胞の蓄えである"中性脂肪"ではなく、その成分である脂肪酸だからで、正しくは脂肪酸を燃焼してダイエット、という事となります。 

"中性脂肪"とダイエットの関係としては、"中性脂肪"は燃焼しないのですが、ダイエットの気になる人は、健康診断で"中性脂肪"を測定する事がお勧めだそうです。 
それは"中性脂肪"は、ダイエットが楽かどうかの指標になるからである、とされています。 

"中性脂肪"の測定値が50mg/dL以下の人はダイエットは無理であるとされます。 
そして50〜100の人はダイエットは難しく、100〜150の人はダイエットは可能性ありで、150を超える人は、ダイエットの成功率が高くなってきます。 
"中性脂肪"値の高い人は、"中性脂肪"値を下げる事がダイエットとなってくるので、ダイエットの成功率も高くなってくると言えるそうです。 

"中性脂肪"値が高い状態とは、肝臓が"中性脂肪"を作り過ぎている状態です。 
その"中性脂肪"は脂肪細胞に貯蓄され、体脂肪が増加するので、肥満の敵は肝臓であるとも言えるのだそうです。 
その為脂肪細胞自体が肥満の敵では無いと言えます。 

それでは"中性脂肪"値をどうやって下げればいいのかと言うと、食生活の改善、適度な運動、特定保健用食品の利用、サプリメントの利用、医師に処方された薬の服用などとなってきますが、やはり"中性脂肪"も増えすぎる前に対処できるのが一番なのではと言える事だとおもいます。 

中性脂肪研究所では、中性脂肪の下げる方法、減らすための料理レシピの紹介、効果のある治療方法や薬、方法等について解説しています。 管理人の体験談や書籍、専門サイトで得た知識や専門家の方からのアドバイスなどを元に解説しております。 分からないこと等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。お問い合わせ先は、「zqq11qq◆yahoo.co.jp」◆を@に変換してからお問い合わせ下さい。当サイトがあなたのお役に立てれば幸いです。 【管理人より】
posted by 中性脂肪 at 00:26| 日記

2008年05月18日

中性脂肪:ストレスの悪影響

イライラする、ストレスがたまる、睡眠不足、なんだか体に悪そうな感じがすごくします。 
それでは具体的にどの様に体に悪いかというと、これらは"中性脂肪"やコレステロール値を上昇させてしまう働きもあるようです。 
心の乱れが体の物質に影響をおよぼす事は科学的に証明されているそうです。 

心の乱れが何故"中性脂肪"などと関係するのかと言うと、ストレスを感知すると、人の体は緊張し、自律神経が過剰に反応してしまうそうです。 
自律神経のバランスが壊れるとアドレナリンやノルアドレナリンが分泌されてしまい、血管が収縮し、血圧が上昇し、心拍数も上昇します。 
アドレナリンやノルアドレナリンは"中性脂肪"を分解してくれる働きも持つのですが、一方で、副腎皮質ホルモンという物質も分泌されます。 
このホルモンの増加により血液中に血清中に溶けている脂質の1つである遊離脂質酸が大量に発生し、これが肝臓でコレステロールや"中性脂肪"に合成され、結果、コレステロール値、"中性脂肪"値の上昇につながるわけだそうです。 

又、ストレスの大きな原因にもなる睡眠ですが、睡眠不足が続く事などは、自律神経の働きを崩し、上述したように遊離脂肪酸が大量出現する原因となってしまいます。 
良い睡眠を得るためには、午後1時〜2時くらいの間の15分くらいの仮眠をとる事が良いなどと言われています。 
これは午後の活動が多くなり、夜も良く眠れるようになるそうです。 
昼食の後に仮眠をとるというのはとても健康的な事ですが、そのような環境は中々可能ではない事かもしれません。
ですが少しでも良いので「昼寝」する事は結果的には"中性脂肪"減少にも良い効果をあらわす事のようです。 

睡眠不足やストレス、一見"中性脂肪"とは結びつかない事にも思えますが、大きく関係する事でもあるようです。 
"中性脂肪"対策の為にもやはり健康な生活が必要となってくると言えます。 

中性脂肪研究所では、中性脂肪の下げる方法、減らすための料理レシピの紹介、効果のある治療方法や薬、方法等について解説しています。 管理人の体験談や書籍、専門サイトで得た知識や専門家の方からのアドバイスなどを元に解説しております。 分からないこと等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。お問い合わせ先は、「zqq11qq◆yahoo.co.jp」◆を@に変換してからお問い合わせ下さい。当サイトがあなたのお役に立てれば幸いです。 【管理人より】
posted by 中性脂肪 at 07:16| 日記