2008年05月23日

中性脂肪:豆腐レシピ

中性脂肪"を減らす為には食生活の改善が第一ですが、具体的にはどの様な事をしたらよいのでしょうか。
"中性脂肪"が気になる場合、魚は積極的に摂りたい食材となりますが、毎日魚ばかりとなると飽きが来る場合も出てくるとおもいます。 
そんな時にも活躍する食材に豆腐があります。 
豆腐はそのまま冷奴などでも食べる事が出来ますが、今回は豆腐を使った簡単なレシピを見て行きたいとおもいます。 

通常のハンバーグは脂質の多い合い挽き肉が使われていますが、豆腐ハンバーグは通常のハンバーグより低カロリーになります。 
ですがボリュームはあり、経済的でもあります。 

材料は4人分で、木綿豆腐300g、鶏ひき肉約250g、玉葱50g、人参60g、干ししいたけ2枚、乾燥芽ひじき大匙1、卵1個、片栗粉大匙1、塩・こしょう・しょうゆ各少々、ごま油少々となっています。 

まず豆腐をキッチンペーパーでくるんで、重しをして約1時間水切りしておきます。 
芽ひじき、干ししいたけはそれぞれをぬるま湯につけておきます。 
戻したしいたけ、玉葱、人参をみじん切りにし、戻した芽ひじきを細切りにします。 
次に切った野菜とひき肉、卵をよく混ぜ合わせます。 
そして手でほぐした豆腐、片栗粉、しょうゆ、塩・こしょうを加え、全体をよく混ぜ合わせます。 
この時柔らかすぎる場合は片栗粉か小麦粉で調整します。 
よくこねた材料を8等分にして、形を整えます。 
手につく場合は、手を軽く水にぬらすと良いそうです。 

ごま油をフライパンで熱し、中火で焼き色が付くまで焼きます。 
焼き色がついたらひっくり返して蓋をして、弱火で中まで火を通しできあがりです。 

大根おろしとポン酢やしょうゆ、タレ用にあんかけを作るなどの工夫で美味しく食べられるようです。 

フライパンはテフロン製でフッ素樹脂加工のもの等を使うと油も少量で済みます。 
油もエコナなどの健康に配慮した物を使うのも良さそうです。 

豆腐ハンバーグ、"中性脂肪"を減らしたい時の食事で魚に飽きてきた時や、そうでない時でも是非食卓に登場させたいレシピなのではとおもいます。 

中性脂肪研究所では、中性脂肪の下げる方法、減らすための料理レシピの紹介、効果のある治療方法や薬、方法等について解説しています。 管理人の体験談や書籍、専門サイトで得た知識や専門家の方からのアドバイスなどを元に解説しております。 分からないこと等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。お問い合わせ先は、「zqq11qq◆yahoo.co.jp」◆を@に変換してからお問い合わせ下さい。当サイトがあなたのお役に立てれば幸いです。 【管理人より】
posted by 中性脂肪 at 02:21| 豆腐レシピ