2008年05月19日

中性脂肪:子ども向けレシピ

中性脂肪値を気にすると言えば、大人の場合がほとんどなのではとおもいますが、食生活の改善をする場合、食卓を共にする中には子供も含まれる場合もあるとおもいます。 
調理をする人間にとっては、"中性脂肪"対策用の料理と、子供向けの料理を別々に作るというのは中々手間のかかりそうな事だとおもいます。 
そんな事からも今回は子供でも楽しめるのではと思う"中性脂肪"対策のレシピを少し見て行きたいとおもいます。 

まずは竹の子のレシピですが、これはチーズとえびを竹の子で挟みフライにするようです。 
えびのタウリン、竹の子の食物繊維が、"中性脂肪"を減少させ元気な体を作ってくれるそうです。 
チーズの味や、フライにする事で子供にも食べやすいレシピと言えそうです。 

そしてもう一品は卵料理ですが、具材に使うグリーンアスパラ、パセリが"中性脂肪"を減らす働きをしてくれるようで。
材料は卵2個、塩少々、じゃが芋中1個、玉葱1・4個、赤ピーマン1/4個、茹でグリンピース大匙2、ハム2枚、サラダ油大匙1強、塩・こしょう適量、パセリみじん切り適量、ケチャップ適量となっています。 

作り方は、まずじゃが芋を1cmの角切りにして5分ほど水にさらし、水気を切っておきます。 
そして玉葱は粗みじん切り、赤ピーマンとハムも大きさをそろえてみじん切りにします。 
そしてフライパンにサラダ油の1/2量を熱して、中火で先ほど切っておいた材料をよく炒めます。 
そしてボウルに卵をとき、塩コショウを加え、粗熱のとれた先ほど炒めた材料と、グリンピース、パセリのみじん切りを入れ混ぜます。 
最後にフライパンに残りの1/2の油を熱して、先ほどの卵液を流し入れて軽く混ぜ、半熱の状態になったらふたをして、弱火で両面をしっかりと焼いて出来上がりです。 

卵料理と、竹の子の料理、"中性脂肪"に良い食材も加えると淡白な大人向きの料理にもなってしまいそうですが、ひと工夫で子供でも楽しめるレシピにもできるようです。 
調理の手間などを考えてもとても便利なレシピと言えるのではとおもいます。 

中性脂肪研究所では、中性脂肪の下げる方法、減らすための料理レシピの紹介、効果のある治療方法や薬、方法等について解説しています。 管理人の体験談や書籍、専門サイトで得た知識や専門家の方からのアドバイスなどを元に解説しております。 分からないこと等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。お問い合わせ先は、「zqq11qq◆yahoo.co.jp」◆を@に変換してからお問い合わせ下さい。当サイトがあなたのお役に立てれば幸いです。 【管理人より】
posted by 中性脂肪 at 00:26| 日記