2008年09月28日

中性脂肪:りんご

りんご言えば、赤色や緑色や黄色などがあり、味も大きさも様々ですが、季節問わず手に入るポピュラーな食べ物と言えます。 
そのままで食べても、お菓子の材料にしても、フレッシュジュースでも美味しく色々な食べ方もありそうです。 

そんなりんごの抽出成分を「リンゴポリフェノール」と言いますが、アサヒビールの臨床試験によりこの成分が、血液中の"中性脂肪"の増加を抑える効果がある事が確認されたそうです。 
臨床試験は今までは動物へ行われていたそうですが、今回は人間へ行われたそうです。 

リンゴポリフェノールは、脂質を分解する酵素リパーゼが活性化するのを抑える働きをします。 
その小腸で起こる働きから、吸収されない脂質が体外に排出されてしまいます。 

アサヒビールの試験では、およそ600mgのリンゴポリフェノールを摂取してから食事をすると、摂取していない場合と比較して、血液中の中性脂肪値がおよそ20%減少する事が分かったそうです。 
600mgのリンゴポリフェノールとはりんご約3個分だそうです。 

最近の弘前大からの報告では、リンゴポリフェノールの一種、プロシア二ジンが、体内への脂肪蓄積を強く抑える働きがある事が明らかにされていました。
その報告は、ラットを使った動物実験でプロアニジンを摂取したラットは、糖から脂肪を作る酵素リパーゼの働きを50%以上抑えたという事が明らかにされたものでした。
又その脂肪合成の抑制力はお茶のカテキンと同じくらいのものとされていました。

アサヒビールの試験と単純に比較はできないですが、ウーロン茶ポリフェノールと同じくらいの脂肪合成の抑制効果があると見ているようです。 
そのためアサヒビールは肥満、高脂血症予防のために、サプリメントなどへの開発を進めているようです。 

"中性脂肪"減少に良い成分も次々と発見されているようなので、"中性脂肪"減少に良い市販品なども上手に利用して行きたいものだとおもいます。 

中性脂肪研究所では、中性脂肪の下げる方法、減らすための料理レシピの紹介、効果のある治療方法や薬、方法等について解説しています。 管理人の体験談や書籍、専門サイトで得た知識や専門家の方からのアドバイスなどを元に解説しております。 分からないこと等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。お問い合わせ先は、「zqq11qq◆yahoo.co.jp」◆を@に変換してからお問い合わせ下さい。当サイトがあなたのお役に立てれば幸いです。 【管理人より】


20080708231753_1.jpg
posted by 中性脂肪 at 16:13| 豆腐レシピ