2008年06月09日

中性脂肪:肉のレシピ

"中性脂肪"を減らしたい場合、生活の改善が必要となってきそうですが、生活の改善とは具体的には食生活の見直しと、適度な運動習慣を身に付ける事にあると言われています。 

そこで今回は、食生活の見直しに関して、中性脂肪値の減少にはぴったりのレシピを紹介したいとおもいます。 

キムチの唐辛子には、カプサイシンと呼ばれる辛味成分が含まれており、これは血行を促進し、エネルギー消費、エネルギー代謝、"中性脂肪"減少に働くと言われています。 
豚肉にはビタミンも含まれ、エネルギー代謝に重要な成分となってきます。 
豚肉を選ぶ際は、脂身の少ないもも肉、ヒレ肉などを選ぶと"中性脂肪"減少にはより良い食材になるとおもいます。 

キムチと豚肉の組み合わせの料理と言えば「豚肉のキムチ炒め」です。 
比較的簡単なレシピですので、"中性脂肪"対策に是非挑戦してみたいものでもあるとおもいます。 

4人分の材料は、豚もも薄切り肉300g、キムチ200g、万能ねぎ1/3束、下味(しょうゆ小匙、酒大匙1、片栗粉小匙1)となっています。 

まず豚肉を一口大に切り、ボールで下味を加えてよくもみ合わせます。 
キムチの汁気を軽く絞り、万能ねぎは3cmくらいに切り分けます。 
中華なべやフライパンで、油を使わず豚肉をほぐしながら炒めます。 
くっついてしまう場合はほんの少量の油を使用すると良いようです。 
又エコナなどの健康に配慮した油の使用も良いようです。 
肉の色が変化したら、汁気を絞っておいたキムチを加えます。 
そして汁気が少なくなり焦げ付きそうになった頃、酒を少々(分量外)加えてキムチが熱せられるまで炒めます。 
最後に万能ねぎを散らして軽く混ぜ合わせて出来上がりです。 

油を最小限に抑える為にはフッ素樹脂加工のテフロン製フライパンを使用すると良いです。 
又、キムチは「和風味」の物がお勧めだそうです。 
カロリーは上がってしまうかもしれませんが、風味付けにほんの少量のゴマ油を最後に豚肉とキムチに回しかけると、一味違った豚キムチ炒めにもなるとおもいます。 

ダイエット中、"中性脂肪"を下げたい場合も、食生活には肉でも部位などを選んで利用すれば良い味方の食材となるのではとおもいます。 
中性脂肪研究所では、中性脂肪の下げる方法、減らすための料理レシピの紹介、効果のある治療方法や薬、方法等について解説しています。 管理人の体験談や書籍、専門サイトで得た知識や専門家の方からのアドバイスなどを元に解説しております。 分からないこと等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。お問い合わせ先は、「zqq11qq◆yahoo.co.jp」◆を@に変換してからお問い合わせ下さい。当サイトがあなたのお役に立てれば幸いです。 【管理人より】
posted by 中性脂肪 at 06:22| 日記

2008年06月06日

中性脂肪:魚のレシピ

中性脂肪値の気になる方、高すぎる場合、低すぎる場合様々だとおもいますが、その改善にはやはり食生活と運動が重要となってきそうです。 
今回は食生活に関して、"中性脂肪"対策、特に中性脂肪値を下げたい場合におすすめのレシピを紹介したいとおもいます。 

"中性脂肪"対策にぴったりの食材と言えば魚類で、積極的に摂りたいものとされていますが、中でもさば、トロ、はまちなどの魚は過剰な"中性脂肪"やコレステロールを下げるとも言われているEPAやDHAを多く含むそうです。 

そこで定番ですが「さばの味噌煮」を見て行きたいとおもいます。 

4人分の材料は、さば1尾か切り身2切れ、ねぎ1本、しょうが1欠、煮汁(水1と1/3カップ、赤味噌大匙4、砂糖大匙2、みりん・酒各大匙1)を用意します。 

まずボールに煮汁の材料を混ぜ合わせ、かたまりにならないようにします。 
そしてさば1尾の場合は、頭やワタを除いて洗い2枚におろして4〜8切れに削ぎ切りにします。 
ねぎを5cmくらいのぶつ切りにし、しょうがを皮付きのまま薄切りにします。 
次に鍋に最初に混ぜておいた煮汁の3/4量と薄切りにしておいたしょうがを入れ強火にかけます。 
煮立ったら切っておいたさばを並べて弱火で7〜8分煮ます。 
さばに火がほぼ通った頃、鍋の端に寄せて、切っておいたねぎの白い部分と、残りの煮汁を入れます。 
そして煮汁をすくいかけながら5分程煮て、切っておいたねぎの青い部分も入れてひと煮立ちすれば出来上がりです。 

煮崩れしないコツとしては、大き目の浅い鍋にさばが重ならない様に並べる事が大切で、砂糖は最近良く見かけるノンカロリーの甘味料などを使うのも良いそうです。 

"中性脂肪"を気にしている方はもちろん、それ以外の人にも健康的で良いレシピだと思うので、是非挑戦してみたいレシピでもあるとおもいます。 

中性脂肪研究所では、中性脂肪の下げる方法、減らすための料理レシピの紹介、効果のある治療方法や薬、方法等について解説しています。 管理人の体験談や書籍、専門サイトで得た知識や専門家の方からのアドバイスなどを元に解説しております。 分からないこと等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。お問い合わせ先は、「zqq11qq◆yahoo.co.jp」◆を@に変換してからお問い合わせ下さい。当サイトがあなたのお役に立てれば幸いです。 【管理人より】
posted by 中性脂肪 at 05:44| 日記

2008年06月02日

中性脂肪:野菜レシピ

"中性脂肪"とは生きていく上で欠かせない脂質でもありますが、増えすぎると様々な生活習慣病の原因にもなってしまいます。 
減らしすぎる事もよくありませんが、増やしすぎる事はもっとよくないようです。 

"中性脂肪"を減少させるためには食事の改善が重要となってきますが、今回はその点に注目してヘルシーな野菜のレシピを見て行きたいとおもいます。 

野菜の中でも現在では季節はあまり関係なく手に入るとおもいますが、特に春野菜に注目してみたいとおもいます。 

まずじゃがいもはビタミンCを含み、血管を強くする働きがあり、アスパラは食物繊維を含むので"中性脂肪"を減らす効果があります。 
そしてたけのこにも"中性脂肪"を減らす効果が期待できます。 

それではレシピですが、材料は4人分で、じゃがいも(中)4個、玉葱1個、豚薄切り200g、アスパラ8本、サラダ油大匙2、水1.5カップ、コンソメ(粒状)大匙1と1/2、黒こしょう少々、A(砂糖大匙1、しょうゆ大匙2、酒大匙2、みりん大匙2)となっています。 

まずはじゃがいも、玉葱、豚肉を食べやすくカットします。 
アスパラはさっと茹で4等分に切ります。 
そして鍋にサラダ油を熱して、中火にし豚肉を炒めます。 
じゃが芋、玉葱を加えさらに炒め、カレー粉を入れます。 
次に鍋に水とコンソメを加え弱火で約20分煮ます。 
そしてAの調味料を加えさらに約10分煮ます。 
最後にアスパラを入れ、黒こしょうで味を整えて出来上がりです。 

竹の子は、厚揚げやこんにゃくと共にくしに刺し、田楽風にして食べる事がお勧めだそうです。 

"中性脂肪"を減らしたい場合など、食生活に野菜をたっぷりとり入れてバランスの良い食事を目指したいものだとおもいます。 

中性脂肪研究所では、中性脂肪の下げる方法、減らすための料理レシピの紹介、効果のある治療方法や薬、方法等について解説しています。 管理人の体験談や書籍、専門サイトで得た知識や専門家の方からのアドバイスなどを元に解説しております。 分からないこと等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。お問い合わせ先は、「zqq11qq◆yahoo.co.jp」◆を@に変換してからお問い合わせ下さい。当サイトがあなたのお役に立てれば幸いです。 【管理人より】
posted by 中性脂肪 at 02:24| 日記